自分へかえるブログ

ネット知識が小学生以下でありながらこれまで培ってきたスピリチュアルの活用方法をネットでアウトプットしまくって笑顔の旋風を巻き起こしてやるぜ!と意気込みだけは充分のブログ

災害には意味がある?ピンポイントに起きる天気の変化について聞いてみた

スポンサーリンク



どーもトーマスです。

5月4日(土)はみどりの日でしたね。

みどりの日とは国民の祝日の1つで、もとは昭和天皇の死去に伴い、誕生日の4月29日に制定されたのを2007年に5月4日に変更されたようです。

昭和天皇が緑化事業に関心を示された(全国の植樹祭に出席された)ことと、現在の環境問題の重要性をちゃんわかってるのかい?真剣に考えようぜ!の日だそうです。
f:id:tasirotoumasu:20190504215402j:plain

そして2019年の5月4日(土)、関東・静岡でピンポイントに急激な豪雨落雷が起きました。

あまりにも狭い範囲での急激な天気の変化だったので、こういうのって何か意味があるのかとふと思い立ち毎度お馴染みのハイヤーさんに聞いてみたところ、

『これはチョーさんの方が良いでしょう』
※チョーさん(仮名):トーマスのガイド(守護したり導いてくれたりする霊的な存在、天使や神なども含まれる)

と言われ、チョーさんにバトンタッチ。早速聞いてみました。

【災害とか天候には意味があるのか】

f:id:tasirotoumasu:20190504215529j:plain
桃益「チョーさん、今日みたいな異常とも思える天候の変化とか災害って何か意味あるの?」

チョー『意味というよりは調整だと思った方がいい』

桃益「調整って何の調整?」

チョーさん『バランスが崩れればそれを整えようとする動きが生じるのは何においてもある。人体でもそうだろう?』

桃益「確かに。体調が崩れればそれを治そうとする動きが出てきますもんね」

チョーさん『ただそれだけのこと』

桃益「・・・・・・」

チョーさん『・・・・・・』
f:id:tasirotoumasu:20190504220249j:plain
桃益「いやいやいやいや、理屈はわかるからもう少し細かい説明をください」

チョーさん『例えば今日のような急な天候変化の場合、その範囲でエネルギーの大きな狂いが生じたが故に起きた事。どこかで大きなエネルギーが動いたことによりその周りのエネルギーのバランスが崩れたのだな。それを急速にもとに戻そうとして起きたのが豪雨だったり雷だったりしただけだ』
f:id:tasirotoumasu:20190504222754j:plain
桃益「なるほど。そういえばさ、トーマスその時間、庭の車の中でエネルギー観察っていうかいつもみたいにエネルギー降ろして振動を見てたらいきなり雹(ひょう)みたいな大粒の雨が降ってきてびっくりしたんだよね。
で、雷鳴ってるなぁとか思いながらエネルギーの量を何気に増やしたら雷がどんどん近づいてきちゃったから慌てて実験ストップしたわけよ。
そしたらすぐに雷と雨が遠のいていったから、(へぇー、雷とかってエネルギーに反応するんだなぁ)とか思ったんだよね。
だけど今回の急激な天候の変化はトーマスが降ろしたエネルギーとは別のところで発生したエネルギーに反応してた気がするんだけど、その辺はどうなの?」

チョーさん『その通りだ。トーマスのところとは別の場所で大きなエネルギーの動きがあった。調節が追い付かなかったのだろう。自然界は瞬間的に騒然としたからな』
f:id:tasirotoumasu:20190504221009j:plain
桃益「自然界が騒然て・・・長引かなくて良かったね」

チョーさん『なぁに。このくらいの調整なら他愛もない。トーマスもどこかで予期してたからこそ、この辺一帯にプロテクションを張っていただろう』

桃益「全く予期してなかったけど(笑)ただなんとなく今日は地域にプロテクション張っとこーくらいの軽い気持ちで、しかも範囲も本当に桃益家から半径2kmくらいしか張れなかったし(笑)」

チョーさん『それでいいのだ』

桃益「それでいいのか(笑)チョーさん、話聞かせてくれてありがとうございました」


最後のチョーさん、なんだかバ○ボンのパパみたいになってましたけど。


よくね、災害には意味があるって言うじゃないですか。だけどチョーさん曰く『意味はない』とのこと。現象に意味をつけるのは人間なんですって。

自然界は常に在るものを在るがままにする動きしかしないそうな。
f:id:tasirotoumasu:20190504221325j:plain
この話はデリケートな事なので、誰かを傷ついてしまう可能性が出てしまうのを覚悟の上で載せますが、例えば災害で亡くなる方はあらかじめそういう生涯をご自分で選んでくるので、そういった方が命を落としそうになっても自然界は助けません。そこに手を出すのは理(ことわり)に反するのだそうです。

しかし、まだ生きる予定のある命の火が災害や事故によって消えそうになった時、自然界はそれを食い止めようと動き出します。川で溺れそうな時は川の流れを緩やかにしたり、火事などでは雨を降らせたり風の流れを変えたり。
f:id:tasirotoumasu:20190504221355j:plain
それは決して(助けたい)とかいう情からくる動きではなく、ただそうで在るから、ということなのだそうです。

この、人間からしたら無情とも思える動きは、その存在が高位にいけばいくほど顕著に出るそうで、逆に低位の存在達は理を振り切ってでも一生懸命助けようとする傾向が強いのだそうです。

かくいうチョーさんも自然霊の分類に入るのですが、チョーさん出会った頃は『人間は必要なのか?』なーんて言ってました。今では笑い話ですけど。


と、このようにトーマスのハイヤーさんはトーマスが何か質問をするとその分野に適した存在にバトンタッチしてくれます。
f:id:tasirotoumasu:20190504223047j:plain
最初の頃はハイヤーさん以外の存在2人くらいとしかコンタクトをとっていませんでしたが、ハイヤーさんと繋がるようになってからは次々と色んな存在を引き入れてくれて、今では総勢12人が代わる代わるトーマスにお説教してくれます。

普段はやんややんやとトーマスをおちょくったりからかったり説教したりと散々な時もありますが、大事な時には真面目に聞いてくれ、的確なアドバイスをしてくれたり、気分転換するように仕向けてくれたりと、かなーーり助けられてます。

基本的にはみんな暖かくて優しいです。でもトーマスが怠けたり逸(そ)れたりすると容赦なくお仕置きしてくる厳しい存在でもあります。
f:id:tasirotoumasu:20190504223206j:plain

ガイドとはまさに【案内】してくれる存在なのですね。巷では素人のチャネリングは危険だという情報が出回っていますが、トーマスはそうは思いません。

包丁は素人が使おうがプロが使おうが使い方を間違えれば危険です。正しい使い方と正しい使い道で使用する分には肉や野菜がスパスパ綺麗に切れる心強い味方です。

え?うちはフードプロセッサーだから包丁使いません?

え?うちは専属の料理人を雇っているので包丁使いません?
f:id:tasirotoumasu:20190504223402j:plain
セレブかっっ!!

と、こんなところで今日はここまで!


あなたがいつも笑顔でいられますように。

それではまた!





人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村