自分へかえるブログ

本来の自分の姿に立ち返る為のブログ

世界はいつも優しい

こんにちはトーマスです。

ここ2~3日で一気にアクセス数や読者登録してくださった方やスターを投げてくださった方が激増し、驚くやら汗かくやら鼻水出るやら、なんだか感謝の土下座で1日過ごしたい気分になってなっております。

皆様、こんなにも適当過ぎるブログに目を通してくださるなんて・・・・・・


暇なの!?!?
f:id:tasirotoumasu:20190519174258j:plain

うそ!嘘です!!ごめんなさい!!!感謝してます!ありがとうございます(涙)

実はトーマス、記事を書くにあたって色々調べたりしません。何故ならネットで調べると「凄いなー、詳しく書いてあるなー。トーマスが書かなくてもいっかー」となってしまうからです。

なのでほぼほぼ実際に体験してきたことしか書かない、というか、書けないの。

本当なら引用とかリンクとかバンバン使って、より正確な情報をお伝えするのが大事なんだろうけど、何が正確な情報かなんてわからないし、人それぞれ見るもの感じるものは全部違うだろうから、やっぱり自分の見てきたもの、感じてきたことを書くしかないんです。
f:id:tasirotoumasu:20190519174442j:plain
だからトーマスの記事を書くに当たっての何かを調べる時間は多くて10分くらい。ちょっと見栄はったな。5分くらい。
調べる内容は「この漢字合ってたっけ?」とか、「この話、何の本で読んで気になったんだっけ?」とか、主に自分の記憶を掘り起こす為のみのものです。

だから他の素晴らしい記事を書かれているブロガーさんは本当に尊敬してしまいます。みんな調査量半端無いの。うちの娘風に言うと「パネェ」の。使い方合ってる?パネェ合ってる?違うか。まぁいいか。

調べものとは関係なく、トーマスもともと読むのが好きなんで他の方のブログはちょくちょく読ませてもらってます。純粋に感動したり面白かったりするから。
f:id:tasirotoumasu:20190519174959p:plain
3日前くらいまで読者登録の方法がよくわかってなかったんですよ。ブックマークすれば自然に読者登録されてるものだとばかり思ってましたから。

最初の方は何故か奇跡的に3つのブログだけ登録出来てました。運命ですね。この時点では自分がどういう操作をしたのかすらわかっていません。

そして3日くらい前に【読者になる】ボタン発見。

(なんだよぅ、こいつぅ、こんなところにかくれてやがったのか)と思いながら、それ以来面白いと思ったブログは即効読者登録させてもらってます。
※読者になるボタンは決して隠れてはいません。画面の右上くらいに堂々と鎮座しております。
f:id:tasirotoumasu:20190519175105p:plain

それにしてもね、いつも思うんです。

世界はいつも優しいなって。

生まれてこの方助けてもらえなかった事なんて何一つ無い。

生まれる前は母の胎内で守られ、生まれる時は母や助産師さんやらが協力してくれて、そしてここまで育つのにどれだけの人の手を借りて生きてきたことか。

もしも何の助けも無かったら、トーマスは今生きていないんだろうなって。
f:id:tasirotoumasu:20190519175333j:plain
仮にね、例えばですよ?トーマスが気合いのみで自分でスポーンと生まれ落ちて、すぐに母親に見放されて放っておかれたとします。

そして運良く山羊と出会い、乳を無理やり自力で吸い、移動出来るようになったらまたまた自力で草や虫を食べ水分を補給してなんとか生き延びたとします。

一見自力で生き延びたようにも見えますが、この時点で沢山の助力が入ってるわけですよね?

山羊だったり、酸素だったり、草だったり虫だったり水だったり太陽だったり。

だから今ここに存在してるだけで数えきれないほどのサポートを受けてることになるんです。まさに生かされてます。
f:id:tasirotoumasu:20190519175456j:plain
しかもトーマスは住むところもあってご飯も食べれてて、服まで着ちゃってる。なんなら眼鏡までかけちゃうこともある。

超超贅沢!!

おまけに電気まで使えちゃってる。

更にはケータイなんかでブログまで書けちゃって、読んでくれてる人までいる始末。

やばくない?凄くない?贅沢にも程があるんじゃない?
f:id:tasirotoumasu:20190519175627j:plain
どうすればいい?どうすればこの自分が受けてる恩恵を御返しすることが出来る?

そんな風に思わずにはいられません。

だけど、とてもじゃないけど返しきれない。だから自分に出来る事を精一杯やるしか無いんですよね。

芸能人の方やお医者さんや弁護士さんや大企業の社長さんなんかが収入が多いのはとても頷けます。
f:id:tasirotoumasu:20190519180002j:plain
皆、数えきれない程の人の心を、暮らしを、生活をサポートする側に回っている方々なんですね。

サポートに回る為には資金がどうしても必要になってきます。(ボランティアするにも資金がいるものです)だからその必要分がそういう方々に流れていくのでしょうね。

もしも世界中全ての人々がサポートに回る側になったなら、きっと地球はどこに行っても住みやすい環境になるのではと思います。

互いにサポートし合う世界ですから。

f:id:tasirotoumasu:20190519180358j:plain
誰かに何かをしてもらった時、何かをしてくれた人にすぐ御返しをすればそれで終わります。

でも、誰かに何かをしてもらった時、その時の自分に御返しするだけのものが無かったとしても、他の場面で自分に出来る事をしていくことでその輪は広がっていきます。

昔キョーレツに印象に残ったもので【ペイフォワード】という映画がありました。

ぶっちゃけ映画の内容はあまり覚えてなかったんですが、ある1場面だけが鮮明に残っていて。

その場面とは男の子が《ペイフォワード》を黒板に図を描いて説明している場面でした。

1人が3人に親切をすると決め、親切をした人に「3人に親切をして次に繋げるように伝えて」と言います。親切にしてもらった人はまた3人に親切をして同じ内容を伝えていきます。一人が3人へ、3人が9人へ9人が27人へ、という事をしていけば、いつか世界中の人が親切になる、という理論です。

確か最後は少年の知らないところでペイフォワードの輪は広がっていた、っていう内容だったと思うのですが、↑の場面がキョーレツ過ぎて他を覚えていません。もしくはなんか凄い泣いて記憶が飛んだか。

当事この映画を見て思ったのは、(確かにその通りだ。だけどなんでみんなこれをしないんだろう)でした。

ペイ・フォワード [DVD]

ペイ・フォワード [DVD]

そこから何年も経ち、映画の事はすっかり忘れていまして、いい年になると誰かに何かをしてもらうたびにきちんとすぐにお礼を返すという習慣が身に付いてしまっていました。

が、しかし、大抵何かや誰かから助けが入る時は自分がその場でお返しできないほど窮地に陥っている事が多く、そんな自分に出来る事はとても限られていて、そういう時は自分が出来る事をチマチマやっていた記憶があります。

例えば奉仕活動を積極的に行ったり、道端のゴミ拾いをしたり、釣り銭が出ると募金箱に入れたり、店員さんに出来るだけ丁寧にお礼を言ったり。
f:id:tasirotoumasu:20190519180724j:plain
何人に親切にしようとか思ってやっていたわけではなく、ただなんとなく、自分はいつも人から親切にされ続けてきたから自分も親切でありたい、それだけの思いだった気がします。

そんなことしているうちに、いつの間にかトーマスの周りから嫌な人というのが存在しなくなりました。

嫌な人という情報が認識出来なくなったのです。

今でも毎日毎日飽きもせずに思うんです。


世界はいつも優しい、って。

【そんなのは綺麗事だ。世の中には残酷な出来事が沢山あるじゃないか】

f:id:tasirotoumasu:20190519181338j:plain
そうですね。
ニュースなどを見ると本当に多いと思います。
でも、なんでもかんでもニュースになるようになったんです。

30年前なんかは虐待死のニュースの報道なんかは今みたいに大々的にされなかったんです。
新聞の片隅に小さく記事が載る程度だったんです。

政治家や公務員の汚職や医療ミスなんかは表に出ることはなく揉み消されるのが普通の時代でした。

表に出るようなったんです。ちゃんと大勢の人の目につくようになったんです。1人1人が向き合って考えられるような時代になったんです。

ただニュースを目にして怒るだけなら何も変わりません。ただの怒りのエネルギーの放出です。

でも、考える事は出来ます。目を向けることも出来ます。そしてそんな事件に実際遭遇した時に弱者にされてしまった人達に手を差しのべることが出来ます。

こんな時代になったのは、誰かがどこかでペイフォワードの種をまき続けているのかもしれないとトーマスは思うのです。
f:id:tasirotoumasu:20190519181434j:plain
母親想いの男の子が大人になって洗濯機を開発しました。

人々にすぐに食べられるような物を作りたいと思った心優しき人がチキンラーメンを作りました。

夜でも危なくないよう街を明るく照らしたいと思った人が電気を発明しました。

お母さんも赤ちゃんも快適に過ごせるようにと思った人が紙オムツを考えました。

雪見大福のフタをめくると優しい挨拶の文面が書かれています。

アイスのピノにはたまに星形やハート形が混じっています。
f:id:tasirotoumasu:20190519181716j:plain

世界はいつも優しいし、どんどん優しくなってると思うのはトーマスだけでしょうか。

トーマスの能力開発の記事の中に【エネルギーアチューメント】を扱ったものがあるのですが、知らない人に教えてあげてください。

そうすればみんな自分で自分を守る方法を増やすことが出来ますから。

エネルギーアチューメントは一気に何個もやるものでもないので、また期間を開けて他のものを少しずつ掲載していく予定ですのでお楽しみに!

アチューメントを教えた人に言ってあげてください。

「他の人にも教えてあげてね」って。


本日ここまで!


いつもあなたが笑顔でいられますように。


それではまた!


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村