自分へかえるブログ

ネット知識が小学生以下でありながらこれまで培ってきたスピリチュアルの活用方法をネットでアウトプットしまくって笑顔の旋風を巻き起こしてやるぜ!と意気込みだけは充分のブログ

ダイヤモンド・レイ1

スポンサーリンク

こんにちはトーマスです。

この『ダイヤモンド・レイ』は1・2とありますのでまずは1から載せますね。

かなり長いのですが、普通の霊障にも抜群に効きますし、宇宙霊障にも効いちゃった結構パワフルなエネルギーです。
www.toumasu.com


それでは早速『ダイヤモンド・レイ1』をどうぞ!

【ダイヤモンド・レイ1】

f:id:tasirotoumasu:20190610220412j:plain
※※※※※※※※※※※※※※※※

外部から、または他者からの邪念(サイキックアタック)や霊的な悪影響に晒されている方や、受けやすい方々にはお薦めです。

このエネルギーの聖なる浄化のパワーであなたの身の回りに張り巡らしあらゆる邪念や邪気を滅して防御をします。

※※※※※※※※※※※※※※※※

あらゆる不浄のモノやサイキックアタックを聖なるエネルギーの波が防御の楯の守護となり跳ね返します。

また・このエネルギーは あなたの過去。現在。未来の苦悩を癒し断ち切ります 。

あなたの身の回りや身体に溜まった邪気や負の気を金剛炎で滅して浄化します。

あなたは神聖な祈りの言葉を捧げることにより……
あなたは神聖な存在たちと繋がることができるようになります。

神聖な存在のつかさどるダイヤモンドパワーエネルギーは

火炎、解毒、光明、浄化、結界、罪業滅
の加護を誇ります。

神聖なパワーによる浄化と眩しい輝きの火焔の光で自分自身の力強い味方となってくれます。

神聖なパワーの放つ灼熱の光が祝福の光となり心と肉体を解放へと導き、魂と身体と心を浄化してくれます。

※※※※※※※※※※※※※※※※

【準備について】

まず、行なう部屋または場所でリラックスしてください。

静かに目を閉じ、自然の中にいることを想像してみてください。

清らかな清流の音、澄んだ空、樹の香り、小鳥のさえずり、風の歌声、踊る木々、笑う花々、あなたは その中に居ることを感じてください。自然を感じ同化する気持ちに・・・・

〔その他〕
必要に応じて、お香やアロマを焚くのも効果的ではありますが、必ず必要なわけではありません。

※※※※※※※※※※※※※※※※

アチューンメントは宣言して下さいませ。

『上帝、勅(チョク)あり
「自分の名前を入れる」
急急如律令(キュウキュウニョリツレイ)』

[この世の一切のよごれを焼き尽くす功徳]と
[烈火で不浄を清浄と化す力をエネルギー]に
邪気や負の霊気を封じます。

【宣言】

東西南北からの侵入を封じるために四方に......
『おん、さらさら、ばざらはら、きやら、うん、はった』

また、一呼吸おいて

まず身のまわりの上方からの侵入を封じ結界を......
『おん、びそほらだらき 、びそほらだらきしやばざらはん、じやらうん、はった』

次に金剛炎により邪気を焼き尽くすことを願い ......
『おん、あさんまぎにうん 、あさんまぎにうん、はった』

一呼吸おいて、次に地「土」からの邪気封じのために......
『おん、きりきりばざら 、きりきりばざら、ばじり、ぼらまんだまんだうん 、ぼらまんだまんだうん、はった』

『オン、ソンバ、二ソンバ、ウン、ギャリカンダ 、ギャリカンダ、ウン、ハッタ』

『おん、しやうきやれいまかさんまえんそわか 、しやうきやれいまかさんまえんそわか…』

一呼吸おいてから次に唱えます。



パワーに満ちた強い祝福の炎の光は心と肉体を解放へと導き、この祈りの言葉を捧げることにより、あなたの過去。現在。未来の苦悩を断ち切り諸仏達やエネルギーと繋がることができるようになります。

力強い力で、自分自身を浄化し防御と守護の力強い味方となってくれることでしょう。

力に満ちた眩しい炎の祝福の光は、固く閉ざした心を解放へと導き、内にある問題を浄化してくれます。

※※※※※※※※※※※※※※※

泪があふれてきたり心が暖かく感じたり、ドキドキしている感じがする場合は、過去世と現在の罪を消しさりて魂と心を活性化させている証拠です。

天は自ら助くるものを助く
いい人はいい人達に出会っていく…

いい人達に出会うといい事にたくさん出会う

いい事にたくさん出会うと心が豊かになっていく
自分が豊かになると人にやさしくなれる。

一言で励まされ一言で夢を持ち一言で泣かされる
ほんの一言が……不思議と大きな力を持つ
ほんのちょっとの一言で………

言葉は絶大な力を持ちます。

※※※※※※※※※※※※※※※※

当マニュアルは言霊を使ってます。

当マニュアルは清音で構成された言霊の結晶です。
祈り宣言して唱えると自分の言葉が力の方向性を持ち願いを叶える力が十分あります。

つまり『言霊』とは、魂宿る世界です。

宿る力を操るのが言霊を唱える人間で、言霊の言葉を唱えれば自ずと開かれ、その力が方向性をもち、
結果としてあらわれますから

唱えて、そうすればどんな事情であれ正規な言霊を使えば、それは文字であり、言霊ですから、魂は多かれ少なかれ宿るものですから、言霊の効果の理論からすればそうなります。

言霊を1回結べば、唱え1回の言霊はそこにあります。

繰り返していけば、その言霊は次第に力を増していきます。

また、精神集中をすればそこに込める魂の力は強くなります。

自力で繰り返して時間が経過すれば、さらに強くなります。

古来より日本人は言霊の『言』は『事』と考えていてよい言葉は幸福を導き癒しを与えて悪き言葉は災厄を呼び心に刺さる刃物にもなりかねません。
言葉には意味があり力があります。

神々に願いを届けるのは誓いと祈りと言霊です。『宣言』です。

言葉「言霊」そのもの、あるいは言葉をつなげれば意識が入り魂が入ります。その言葉で魂の存在と意識の存在を明確に表わしたものが、いわゆる祓詞〔はらえことば〕や祝詞〔のりと〕と真言マントラ」になります。

祓詞や祝詞はまだ浅い弱い部類もありますが、真言マントラ」には深い強力なパワーを秘めた部分があります。

言葉に宿る神秘の力、古くから日本では一般に、
言=事と考えて「良い言葉は吉事を招き、悪い言葉は凶事を招く」

たとえば‥‥‥
言霊には、日本語の「あいうえお」の「あ」に始まり、最後の「ん」までの、50音の全てに神霊が宿ると言われています。

言霊、言葉の魂…。つまり「あ」から始まりすべての言葉に魂が宿ってるのです。

言葉の神様の全部を象徴して、最初と最後を神社の玄関に飾ったのが、狛犬になります。

正面から見て右の狛犬は口を開いて「あ」を表わして、左の狛犬は口を閉じて「ん」を表わします。

ちなみに「あうん」の呼吸とありますが、あれは「あ」と「ん」なのです。

そして、言葉の神様が全部集まると、これが「す」という文字になります。

「す」は言葉の神様が全部集まり「る」は展開して、「め」が出発する、という意味を表わします。

するめ」というのは、言葉の神様が全部集まりそれが展開して、出発します。

そこで縁起物に神社、あるいは神事には「するめ」を使用します。

文字は文字やけど、これも‥‥『書は心画なり』という言葉があるように、『字』は鏡[心]心は精神や魂とも共通ですからね。

※※※※※※※※※※※※※※※※

【Manual・1】
は火炎で自身と身の回りの防御です。

【Manual・2】
は身体の解毒及び身の回り浄化と治癒。
つまり‥‥簡単にはディフェンスとオフェンスを分けてます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※

(2)のマニュアルには自分もすべての人々の加護の祈り『宣言』の文章を記載してます。

私(葛の葉)の加護の神仏に願いて伺いまして許可をいただきまして印しています。

南天天竺三蔵金剛智沙門智蔵と盧舎那仏と共に
詔(みことのり)を奉(うけたまわ)りて訳す。』


マニュアル2へ続く
www.toumasu.com




人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村