自分へかえるブログ

ネット知識が小学生以下でありながらこれまで培ってきたスピリチュアルの活用方法をネットでアウトプットしまくって笑顔の旋風を巻き起こしてやるぜ!と意気込みだけは充分のブログ

人の目が気になってしまう時はどうすれば良いのか

スポンサーリンク

こんにちはトーマスです。

≪人の目を気にしてしまう≫というのは誰にもある性分の1つなのですが、結構それを 気に病んでる方が多いように思います。

今回このことをお題にしようと思ったのは、去年に息子(自閉症児)の園のお母さん方の気持ちを聞いた時の事をふと思い出したから。

皆、驚く程苦しんでいる方が多かったのです。

目次

【とあるお母さんの話】

f:id:tasirotoumasu:20190614223854j:plain
保護者懇談の時にクラスの先生が去った後、親達で雑談していた時の事。

同クラスのお母さんがトーマスに質問をしてきました。

「田代さんちは周りにカミングアウトしてる?」

最初質問の意味がわからず、よくよく聞くと、そのお母さんは自分の地元の友達や、自分の父親に子供の障害を隠しているとのこと。

その方の母親から「お父さんには言わない方が良い」と言われたのだそうです。

県外からお嫁に来た方で父親と会う事が滅多に無いこともあり、ずっと隠してきたのだけど、そろそろヤバいと。

地元の買い物先で同級生を見掛けると急いで隠れるとも言っていました。

トーマスは何故隠さなきゃいけないのか、隠したところでいずれバレるだろうに、そもそも隠したいという気持ちが嫌味とかではなく本気でよくわからなかったのです。

トーマスからしてみれば園の子達はどの子も可愛くて仕方なかったから。うちの子の事もよく姉や友人に面白ネタや自慢話してたりしてたんです。

なのでどうして隠したいのか聞いてみました。

【障害児の母親の気持ち】

f:id:tasirotoumasu:20190614223959j:plain
そのお母さんは子供の障害が発覚した時、もの凄いショックを受けたそうです。

「こんな事絶対に言っちゃいけないんだろうけど・・・(障害児なら生まれてこなければ良かった)って思ってしまった」

そのお母さんの発言を皮切りに、他のお母さん方も

「実は私も・・・」

「いっそのこと、って思った時期もあって・・・」

「なんで他の子じゃなくてうちなんだろうって思っちゃった」

「これからどうしてけば良いのかわからなくなった」

と、沢山の声が挙がりました。

トーマスの感想としては

(そうか、そういう気持ちになる人は少なくないんだな)

でした。

思えばトーマス、小学生の頃から特殊クラスのダウン症の子と仲良くなって家まで遊びに行ったり、その子も毎朝トーマスと一緒に登校するために家に寄ってくれたりと、めちゃくちゃ仲良くしてたんです。

だから障害児に対しての区別が無い上に、みんな面白くて遊びのセンスも秀逸で優しい子達ばかりだったので嫌な印象がこれっぽっちも育ってなく、周りが障害児をそういう目で見ている事を知ったのも相当大きくなってからでした。

そして、園のお母さんやお父さん達はトーマスとは違う人生を歩んできたのだから、そんな風に思ってしまう環境だったのだろうと。

【お母さん方に話したこと】

f:id:tasirotoumasu:20190614225626j:plain
ある程度みんな吐き出した後、またトーマスに視線が集まりました。

母1「田代さんちはいつもにこにこ笑ってて、子供達と嬉しそうに遊んでるよね。どうしてそんな風に出来るの?」

さて、どう答えたら良いものか。まぁ、そのまんま答えれば良いか、と返答。

桃益「一緒にいて面白いから。この子(息子)がうちに来てくれただけでも嬉しいのに、こんなに体が大きくなっても知能や精神年齢が2才児未満って、どんな親孝行だよ、と。

子供って3才までに親孝行を果たすって言われてるんですよ。無条件で親を愛してくれるのが大体そのくらいまでだから。それ以降は打算とか子供なりに出てくるんですよね。

だけど、この子達は成長をゆっくりゆっくりにしてくれてるから・・・ってことは長い期間に渡って親孝行してくれてる最高に優しい子って事になるでしょ?

人としてもう既に自分より上だなぁと。

そんな凄い人が自分の子供として産まれて来てくれただけで自慢のタネっていうか(笑)」

母2「そっか・・・私達は選んでもらえたんだ(笑)」

桃益「そうそう、選ばれた親達(笑)もちろん健常児の子の親だって選ばれた親達に違いないですけどね(笑)」


f:id:tasirotoumasu:20190614225857j:plain
母3「でもでも、周りはそう見ない人の方が多いでしょ?」

桃益「そうなの?わからないけど、少なくとも自分の周りの人達は息子の話を楽しそうに聞いてくれて可愛がってくれる人達しかいないから。

でもそうは見てくれない人達もいるとして、その人達の目を気にして自分が暗くなったら、その時間が勿体ない。

その時間を子供の観察や遊びに当てた方が自分も子供も楽しいし」

母3「そんな風に思えなくてどうしても気にしちゃう場合はどうしたらいいんだろ。私はどうしても気になっちゃうから・・・」

桃益「どうしても気になっちゃうのは仕方ない。そういう性格なんだから。

だけど、自分の子だけに意識を向けて集中して観察してると、すっごく面白くて可愛くてたまらなくなってくるんです。

そうなると不思議な事に周りまでみんな優しくなって気づけば理解者で埋められてるんですよね。もうそうなったらそれ以外の人の目が自然と気にならなくなる。

試しに今日からでも○○ちゃんの動きを観察日記つける勢いで見てみるといいかも。そうすれば今言ってる事の意味が腑におちると思いますよ」

母3「やってみようかな・・・もうあの子に対して罪悪感を感じるのも嫌だから・・・私はあの子を愛せてない自覚があるからツラい」

桃益「愛せてない自覚?じゅうぶん愛してるじゃない」

母3「ええ?」

桃益「愛してなかったらそもそも悩まないから(笑)」

母3「え?あ、え?そういうもの?」

桃益「え?そういうものじゃないの?愛してなかったら気にもならないから普通に無視して周りには良い母親やってますって顔してれば済むでしょ?」

母3「あ・・・・・・そうか・・・・・・(涙)私、あの子のこと愛してたんだ・・・(涙)」


なんだかトーマスが泣かしたみたいになってしまったのでその後は静かに息を潜めてました。

【お母さん達のその後】

f:id:tasirotoumasu:20190614230012j:plain
息子のクラスのお母さん方は先生達に笑われる程の親同士が仲良しなクラスになりました。

どのお母さんも自分の子だけじゃなく他の子の事も可愛がって遊んで危険が無いように見張ってくれる、話の内容は子供の話ばかり。

あの人はどうだ、この人はどうだみたいな愚痴の一切無いクラスでした。

そして終業式の日。

翌年からみんなクラスがバラバラになってしまうので、一人一人この一年間の感想を言う流れになりました。

もう、どのお母さんも先生も卒園式かってくらいに大号泣。

そして例の1番悩んでいた母3。号泣しながらも一生懸命話してくれました。

母3「私は正直この子の事を可愛いと思えませんでした。でもこのクラスになって、先生や周りのお母さん方を見て、色んな話を聞いて、みんながこの子を可愛がってくれて、私もこの子をよく見てみるようになったら、この子ってこんなに可愛かったっけ?って思えて・・・・・・今では本当にこの子が可愛くて可愛くて・・・そう思えたのはこのクラスのおかげです。ありがとうございました(泣)」

このお母さんはもともと人の目が凄く気になってしまうそうで、今でもそういうところがなかなか直らないけれど、少なくとも子供に関する事だけは意識が変わったと言ってました。

【人の目は自分の目】

f:id:tasirotoumasu:20190614230148j:plain
人の目が気になるっていうのは、自分がそういう目で周りを見てるから周りもそう思ってるに違いないって思っちゃう事なんですよね。

だから人の目が気になって仕方ない時は自分が周りをどんな風に見ているかを振り返ってみるに尽きます。

うちの中学生の娘が人の目を気にするお年頃でして、口癖のように

「そんな風にしたら変に思われるじゃん!」

と言います。

そんな時はトーマス、優しく肩をポンと叩いて言います。

桃益「大丈夫。君が思ってる程まわりは君の事を気にしてないから」

キーーッ!!てなります(笑)

娘「確かにそうかもしれないけど言い方!!」


でもね、本当にそうなんです。

みんな自分が人にどう思われてるかに意識が向いてるから人の事なんてあんまり気にしてないものです。

逆に人の事を気にして色々言う人は自分の事を見忘れちゃってるパターンが多いように感じます。

それはそれで本人がツラい立場になってしまうだけなので、大変そうだなぁっていう。

【人の目がどうしても気になってしまう場合の対処法】

f:id:tasirotoumasu:20190614230323j:plain
これはね、実は凄く簡単。

やることは2つだけ。

・人の目を気にして生きた場合のメリットとデメリットを思い付く限りノートに書き出す。

・人の目を気にせずに生きた場合のメリットとデメリットを思い付く限りノートに書き出す。


≪人の目を気にして生きた場合のメリット≫

・失敗をして恥をかかずに済む
・自分の悪いところを周りに知られないで済む

≪人の目を気にして生きた場合のデメリット≫

・いつもビクビクしてしまう
・隠し事が多くなってしまう

≪人の目を気にしないで生きた場合のメリット≫

・自分のやりたい事が出来る
・堂々としていられる

≪人の目を気にしないで生きた場合のデメリット≫

・自分の事を良く思わない人が増えるかもしれない
・図々しいと思われるかもしれない


こんな感じに書き出していきます。

書き出すだけ書き出したらそれを読み直してみてください。

そうすれば見えてくるものがありますので。

自分が自分の幸せに気付けた時に訪れるのが【本当の幸せ】です。



ってな感じで本日ここまで!

いつもあなたが笑顔でいられますように。

それではまた!


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村