自分へかえるブログ

本来の自分の姿に立ち返る為のブログ

長所と短所の話で娘と討論バトル

こんにちはトーマスです。

ついさっき起きた出来たてホヤホヤのネタです。



受験を控えた娘に尋ねられました。

娘「うちの長所って何?」

どうやら面接の為の質問のようで、すぐに答えようとしたところストップがかかります。


娘「ちょっと待って、言う事はもうわかってる。だけどさ、自分ではその長所がよくわからないんだよ」

桃益「あぁ、だけど長所と短所って同じだよ。だから自分の長所を知りたけりゃ短所を見ればいいんだよ」

娘「いやだけど短所が《ブスで性格悪い》場合、それは長所にならないでしょ」

桃益「ブスはどう考えたって長所でしょ」

娘「どこが?」

桃益「ブスは周りに安心感と笑いを与えやすい」

f:id:tasirotoumasu:20210128134513j:plain

娘「それは周りが上から目線になってるだけじゃん」

桃益「ブスが《私くらいのレベルになると》って発言すると周りは面白い奴だなぁって見てくれるけど、美人が《私くらいのレベルになると》って発言したら性格悪く見られるじゃん。だからブスはその時点でラッキー」

娘「だけど性格悪い場合は絶対に短所でしかないでしょ」

桃益「本当の性格悪い奴はまず自分の事を性格悪いって気づかないよ」

娘「いや、自分で性格悪いって自覚してたとしてもそれは長所になり得ないじゃん」

桃益「自分の性格が悪いって自覚してる時点で実は客観的に自分を見る事が出来る人間って事になるよ。長所じゃん」

f:id:tasirotoumasu:20210128134628j:plain

娘「いや性格悪いって自覚してるのに直そうとしない時点でダメじゃん」

桃益「確かに(笑)わかってるなら直せって話だよね(笑)だけどその性格の悪い人間を見て周りが自身を改める事もあるから立派に人の役に立ってるよ」

娘「明るいブスは確かに好かれるけど、性格悪いブスは嫌われるよね。だけどブスはやっぱり損じゃない?もし橋○環奈ちゃんが性格悪くても可愛いから許される事ってあるだろうし」

桃益「いや○本環奈ちゃんは顔も性格も良いし!」

娘「まぁまぁ(笑)橋本環○ちゃんが長所として《私の長所は、可愛いところです》って言っても可愛いー!ってなるけど、性格悪いブスが《私の長所はブスで性格が悪いところです》って言ったらただの短所だろ!ってなるじゃん」

桃益「いやその発言してる時点で性格悪くないじゃん面白いじゃん」

娘「うーーーん、まぁね(笑)」

桃益「自覚して発言してる時点で本当は性格が悪くないだろうし」

娘「わかってて直そうとしないならやっぱり性格悪いんじゃない?」

桃益「直そうとしないんじゃなくて直し方が分からないだけっていう事もあるよ」

娘「あぁ」

桃益「そもそもあなた、ブスでも性格悪くもないじゃん」

娘「それは親目線だから」

桃益「いや、トーマスはシビアな程に親バカ要素0だよ。本当の事しか言わないよ」

娘「確かにそうだけどそれはそれでどうなの(笑)」

桃益「わかりやすくていいじゃん(笑)」




娘との討論題材として《性格の悪いブス》という言葉が出ましたが、そもそもトーマスは人の外見の美醜という 判断感覚が著しく鈍いです。

f:id:tasirotoumasu:20210128135118j:plain

造形が整っているとかそういうのはもちろんわかります橋本○奈ちゃんはレベチで美しいとか。

だけど女性は何歳でもどんな性格でもみんな可愛く美しく見えるし、男性も同じく何歳でもみんな可愛く美しく見えます。

性格の良し悪しも、表面的な良し悪しくらいなら判別つきますが、トーマスはその奥を見るのが癖になっているので、今の所魂から腐っているような人には出会った事がありません(いない事はないのでしょうけど)。


20代前半までは人を嫌ったり憎んだりもしましたし、悪口も言いました(その時代は霊障が半端なかったです)。

だけど子供を産んで育てている最中にふと思いました。

(この子に正直で優しい子になってもらうには、まず自分が正直で優しい人間にならなきゃか・・・)


なので不愉快な思考や悪口を一切止め、娘と一緒に花や空を眺め、娘にその景色は美しいものだという感覚を教える為だけに

「綺麗な花だね。空が素敵な色だね。風がとても気持ち良いね」

などなど本当は思ってもいない事を毎度娘に語りかけていました。

人に優しくされた時なども

「今の人、とても優しかったね。ありがたいね。世界って素敵だね」

と言い続けている内に、娘はピュアなロマンチスト幼児へと成長を遂げ、娘があまりにも現代にはそぐわない程ピュア過ぎるが為に育てたトーマス自身も驚く程周りの大人達から溺愛される子になりました。(娘は中学生になって事実を暴露するまで本気でサンタを信じていました)

f:id:tasirotoumasu:20210128135323j:plain

そうして娘にピュア英才教育を施している内に、トーマスの中でも様々な変化が起こり、空や花や景色を心の底から美しいと感じる事が出来るようになったり、人の良い部分にばかり先に目が行くようになったりしたのです。






娘との何気ない討論から昔の事を思い出し、1人でニヤニヤしてしまいました。

短所を目一杯挙げてみると自動的に長所も沢山出てくるので、久々に今夜トーマスの短所をメモ帳に書き連ねてみたいと思います。



いやーでもぉートーマス短所無いからなぁー

料理嫌いも、面倒くさがりも、物忘れの激しいとこも、自己中なとこも、なんか偉そうなとこも、計画性がまるでないとこも全部長所だからなー困ったなー短所見つからないなー

f:id:tasirotoumasu:20210128140120j:plain




てな感じで本日ここまで。


いつもあなたが笑顔でいられますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


人気ブログランキング